トップページ > 病院・眼科クリニック一覧 >  加藤眼科レーシックセンター

加藤眼科レーシックセンター

加藤眼科レーシックセンターでは、すべての手術を加藤院長が責任もって執刀しています。個別のカウンセリングも院長が行なっています、カウンセリングではレーシックのメリットばかりでなく、デメリットやリスクについても詳細に説明しています。


加藤眼科レーシックセンター

加藤眼科レーシックセンターの基本情報比較

基本情報比較
病院所在地 東京
住所 東京都渋谷区道玄坂2-3-2 大外ビル5F
無料検査

このページのトップへ↑

加藤眼科レーシックセンターの手術の痛みについて

手術の前に目薬の麻酔薬を使いますので、痛むことはなく、軽い圧迫感程度です。手術後麻酔が切れてくると、しばらくは違和感を感じますが、痛みと呼ぶほどのものではありません。

手術後当日はかなりかすんだ状態になりますが、翌日の朝から違和感や異物感も少なくなり徐々にはっきり見えるようになります。ただし、術後数週間は視力がやや不安定になることもあります。

このページのトップへ↑

手術が失敗して失明するようなことはありませんか?

現在、年間100万件以上のレーシックが行われていますが、レーシックの術後に失明に至ったという報告はありません。手術の安全性はすでに確立しており、重篤な視力障害を残してしまうようなことはありません。

このページのトップへ↑

仕事などに復帰できるのは術後どれくらいかかりますか?

レーシックは日帰り手術で行っています。手術終了後、少し休憩をとっていただいてから、その日のうちに帰宅できます。翌日の診察と検査が非常に重要ですので、遠方の方には近隣の宿泊施設をご紹介可能です。

デスクワークであれば翌日から職場に復帰していただいて問題ありません。術後2-3日で軽いスポーツも可能です。ただし、サッカー、ラグビーなど眼を打撲する可能性のあるスポーツは数ヶ月間控えてください。

このページのトップへ↑

加藤眼科レーシックセンターの体験談

手術着をつけてイスに横たわると、心地よい音楽がながれてきました。まもなく手術がはじまりフラップをつくる器械が目の上にのせられた時すこし圧迫される感じがして、そのあと髪の毛が燃えたときのような臭いがして「ああ、レーザー照射だな」と思っているうちに手術は終了。休憩後診察を受け、かけてきたサングラスをして家路につきました。手術中も術後も痛みを感じることなく、ただ術直後は白く霧がかかったような状態でよく見えませんでした。で、驚いたのは翌朝。とにかくよく見えました。通勤電車から遠くの看板をみては『見える、見える』と心の中で叫んでいました。(K.Tさん 30代男性)
私が手術でいちばん心配だったこと、怖いと思ったことは、失明することでした。しかし、手術の失敗によって失明した例はないということを説明され、主人と相談して手術を決めました。手術中は意外にリラックスしていて、レーザー照射のときに臭いで、今焼かれているんだなあ、なんて思う余裕がありました。ただ、術後、目の前がモヤモヤしていたので、ちょっと不安になりました。でも、翌日にはそれも杞憂に終わりました。手術が終了してからはほんと幸せです。(M.Yさん 30代女性)
大切な眼を手術するわけですから、いろいろと調べて、信頼できるクリニックを慎重に選びました。カウンセリングでは年齢的に老眼のため近くを見るためには老眼鏡が必要になることを説明されましたが、それでもメガネなしの生活をしてみたい、ゴルフを楽しみたいといった思いが強く決断しました。手術は前もっての説明が充分でしたから恐怖、不安はありませんでしたが、終了後かすみがかかったような状態で前よりひどいと思い少し不安になりました。ところが、翌朝うれしかったですね、よく見えて!メガネをかけない開放感を満喫しています、妻はメガネをかけているほうがあなたらしいなどといっていますが、両方体験できてさまざまな感慨を覚えます(K.Kさん 50代男性)

このページのトップへ↑


加藤眼科レーシックセンター